光の存在としての自己の本質に目覚めるためのオリジナルエネルギーワーク。
チャクラを浄化&活性化することで、個人的アセンションを展開・促進します。
レムリアの過去生の記憶と現世の自分を魂レベルで統合し、人生を力強く歩き始めるために。

※「レムリアン トリニティワーク」は、「レムリアン ユニティワーク」にヴァージョンアップしました
(現在準備中です)


あなたは〝レムリア〝という言葉を聞いた時、どんな感じがしますか?
ピンとくる人、なぜか心惹かれる人、懐かしい感じがする人、、そんな方なら、きっとDNAの中にレムリアの過去生の記憶を留めている方に違いありません。
今、地球と人類がともにエネルギーシフトを目指すこの時期に、レムリアンの記憶(半霊半物質だった時もレムリア人だった時も含めて)を持った多くの仲間たちが地球上に転生して来ています。
レムリアンユニティワークは、そんなレムリアンの記憶を持った方々が、魂の故郷での「智慧」を地球での現実生活に生かしながら、かつてのように楽しく自由に自分らしさを表現できるようになるためのエネルギーワークです。

ワークの概要は、2013年9月、ルーエがシャスタ山で出会った多次元存在「ショコル」によってもたらされたものです。
ルーエのレムリアでの過去生「ショコル」によれば、レムリアの人々は、自分が光の存在であり神の一部であることを知っており、自然と共存共栄しながらテレパシーで通じ合い、真実の自分を生きながら「すべてが調和」した平和な暮らしを営んでいたのだと言います。彼らのハートチャクラは充分に開いており、ハートの奥の院(ダイヤモンドハート)こそが神や天使と繋がる聖なる場所であることを知っていたので、彼らはいつもセンタリングしては、ハートを神聖でクリアな状態に保つことに気遣っていたのだと……。

ショコルは、私たちが本当の自分に目覚め自分らしく生きていくためには、肉体やオーラ体が四次元的(三次元+時間)に充分に「浄化」されていることが必要だと言っています。肉体やマインド、感情が充分に浄化され癒やされて、こだわりのない状態を生きていることが重要なのだと。いわば、肉体やマインドに刻印されたネガティブな記憶や思いをどんどん消し去りながら一瞬一瞬を楽しく満ち足りて過ごせばいいということですが、ショコルはそのための方法として、レムリアの人々が実践していたという「宇宙光線やエンジェルエネルギーによるチャクラの浄化と活性法」を伝授してくれました。
その詳細はテキストでお伝えすることになりますが、レベルⅠからⅢまでのワークの概略を簡単にご紹介します。


ワークの概要について

【レベルⅠ】

第4チャクラを開き、自分のすべてを愛し、自分への信頼を高め、自分らしさを確立するためのワークです。

  • 7つのチャクラを浄化・活性化させるための呼吸法&瞑想法
  • この地上に降り立って以来記憶の中に残り、今なお魂の変容を妨げている肉体上のブロックを解き放ちます。
  • 愛のチャクラを開き、自分を愛することを学びます。自己受容こそ、スピリットへの目覚めのはじまり。
所要時間2.5 〜 3 時間程度

【レベルⅡ】

松果体(第6チャクラ)を活性化させ、真の自己を思い出し、自己を自由に表現する力を養うためのワークです。

  • 「本当の自分」とは“ 思い出し” て、“ 再創造” するもの。
  • 自分の現実は、すべて自分の意識が創り出していることを理解します。
  • 自分が光の存在なのだと「信じ」、「ゆだねる」レヴェルへと上昇します。
所要時間2 時間程度

【レベルⅢ】

“すべては一つ” という「調和と純粋な愛」の顕現をめざすためのワークです。

  • 宇宙意識にめざめ、聖なる智慧とつながります。
  • ※「レムリアの5つの霊的知性」(下記注)に基づき、 
  • 宇宙+地球+肉体人間のトリニティの波動をヴァージョンアップさせます。
  • 宇宙からこの地上に降り立った「目的」を知り、使命に目覚めます。
  • 「人は皆、光」というレムリアの叡智につながり、安心立命を目指します。
所要時間2 時間程度

受講料金

【対面】※テキスト付き
  • レベルⅠ18,000 円
  • レベルⅡ・Ⅲ各15,000 円
※各レベルは、何回でも受講できます。

ユニティの智慧とは。

ショコルによれば、レムリアンたちは常に「本当の自分」を生き、「自分らしさを表現」していたのだと言いますが、それを可能にしていたのが「統一の力=UNITY」。この「統一する力=unify」を生み出していたのが、彼らが生まれながらに持っていた5つの霊的知性、すなわち、「宇宙の光、地球の光、ハートの光、そして思考のパワーと行動のパワー」の5つを統一させることで、個々人自らの調和や安定はもとより全体性の調和(harmony)が生まれるという智慧でした。
このバランスがとれ、統一の状態(unity)にあるとき、彼らは光あふれる存在として生きることができたのです。
このunity の状態にある人は、現実を選び取る時は常に、「心地よい方」「気持ちの良い方」「違和感のない方」を選択するという智慧を持っていました。
それこそが、全体としてのハーモニーを生み出すという宇宙の叡智が根付いていたのです。彼らは、神によって作られた自分の使命は、「自分が喜びを感じることの中に埋め込まれている」という真実を知っていました。神(宇宙)という全体パズルを完成させるのは、個々のピースである自分が本来の自分の持ち場に安住すればこそのこと。
自分の喜びこそが、社会全体の喜びにつながる…。まさに、それがunity の世界です。
一人ひとりが癒やされて幸福であればこそ、社会全体の幸福があり、社会全体の幸福があるからこそ、一人ひとりの幸せがあったわけですね。
彼らの智慧は、神を信じてゆだねることのできる自由な魂の中からこそ生まれていたのだと言えるでしょう。